美容師が独立したらどんな世界が待っているのか?

標準

 
 
 
 
20代前半はずーっと、今現在のような働き方や生き方をしたいと思ってました。
実現するには30代半ばごろかなぁ。。とイメージしていましたが、意外に10年も早く実現できました。
今の美容師生活にはホントに満足しております。
このスタイルではできない事やデメリットもありますが、個人的にはそれを上回る素晴らしさを体験できているなと感じています。
 
そんな素晴らしさをお伝えしていければなと思い、なにが最高なのかを書いて見ました。
 
 
どんなサロンをどのように運営しているかを知りたい方はコチラを参照!
↓↓↓
 
 
 
 
 
 
 
 
全てが自由
とにかく自由です。
起きる時間も自由、寝る時間も自由、遊ぶ時間も自由。
最初は嬉しすぎてとにかく自由にすごしてました。
草原で昼寝したり、ひたすらゲームにはまってみたり、公園に散歩にでかけたり、美味しいランチを食べにいったり、とにかく空いた時間を自由に堪能していました。
しかし究極の自由が1年も続くと自由時間に飽きてきます。
人間とは面白いです。
 
今は空いた時間で別の仕事をしています。といってもそれも自分のしたい事であり、自由である証拠ですよね。
徹底した時間管理と効率化を目指していて、それによって1日のうち4〜6時間は他の仕事ができています。
 
そんな自由な生活、最高です。
 
 
 
 
 
 
 
 
好きなヘアスタイルをつくれる
サロンに勤めているとある程度のサロンブランディングがあってスタイルが限定されてしまう事もあると思います。
僕はどちらかというとその人の生活にあわせたトレンドスタイルを創るのが好きなので、そういった好きなスタイルを毎日お届けできる現在にとても幸せを感じます。
コンセプトを「髪型からはじまる新たな生活」と称し、お客様の毎日に溶け込むスタイルを自分らしく作らさせて頂いています。
 
好きなスタイルをカットできるのは美容師としてのモチベーションにも繋がり、良いことだらけだなって思います。
 
嫌いなスタイルなんて創る必要まったくないです。自分を貫きましょうよ。
 
 
 
 
 
 
 
 
使いたい材料を使える
昔からカラー剤やパーマ液が好きだったので自分が良さそうだなと思っているものを試したり、惚れ込んだ商品をお客様にも使いたいという願望がありました。
しかし、サロンで働いていると自分のこだわりの商品やいいと思うものがあっても中々導入しづらく、願いもむなしく過ごしていました。
例えば現在だったら「マニパニが無いとだせない色とかあるんだけど、うちのサロンに置いてない!」とかありそうですよね。
 
独立する事により材料を超自由に頼んで使えるようになります。
自分の好きな商材を使える事でモチベーションに繋がるし、薬剤マニアにとっては楽しくてしょうがないです。
 
最高です。
 
今ではフリーランスの方でもネットで簡単に薬剤とか頼めますよ。ネット注文おすすめです。
 
 
 
 
 
 
 
 
好みの内装やインテリアを選べる
サロンの内装イメージもこだわりある美容師さんにとっては大切な部分かと思います。
「いいサロンなんだけど、自分の趣味とあわないな。。」なんて内装イメージやインテリアに不満を持った事のある美容師さんもいらっしゃるのではないでしょうか?
そんな内装やサロンイメージも自由に作れたりします。
最近はソファがほしいなって思いついて、待合をソファにしちゃいました。ソファ、最高です。
 
フリーランスでやっていても好きなイメージのサロンで働けますし、別に一箇所に決めなくてもいいので気に入ったところを気分で転々とするのもいいと思います。
 
我慢して働く意味がどこにあるのでしょうか?
 
無いですね。
 
僕もたまに青山のサロンにいったりして楽しんでます。
 
 
 
 
 
 
 
 
好きなだけ働く
美容師さんは労働時間が長いのが普通ですよね。
長いのには色々と理由があり、それがわかれば時間を短くする事も可能だったりします。
 
独立当初は週6〜7日稼働で1日に4〜5人やっていた時期もありましたが、途中でそんなに焦る事もないなと思い、せっかく独立したので自由にやろうと決めました。
今は週3〜4日稼働で1日に1〜2人のお客様を綺麗にさせて頂いてます。たまに多くて3名ほどです。※空いた時間は別のお仕事をしています。
これくらいでも通常のスタイリストさんと同じくらいのお給料、いやそれ以上稼げたりします。
 
好きなだけ働いてもいいし、予約を最低限にして自分の時間を楽しんでもいいのです。
 
どんだけ仕事してもそこに労働感覚は一切ありません。
 
 
 
 
 
 
 
 
自分らしく美容師ができる
もしあなたが美容師さんであれば、好きでこの仕事を選んだのだと思います。
しかしサロンに勤めてみたら思い描いていたイメージと違いしかもそれが一生続くのかぁ。。と感じている人もいるのではないでしょうか??
周囲のどの人に聞いてもそういった環境しかなく、その道を頑張るしかないように聞こえる・・・
 
いやいやそんな事ないですよ。
自由に自分らしく美容師できますから。
 
自分らしくというのは人それぞれですが、僕はガツガツ長い時間働くスタイルがあわなかったので、超のんびりゆっくりリラックススタイルにしました。
施術のスピードはできるかぎり速くしてますが、サロンスタイルや流している音楽がとてものんびりな感じなのでお客様にはとっても丁寧に施術をされているように感じて頂けているようです。
※ご来店いただいている皆様、いつもありがとうございます。
 
むしろ独立した時には、自分のスタイルを自分らしく貫きとおさなければならなくなります。
 
好きに美容師したらいいじゃないですか。それが一番あなたの魅力がでますよ。
 
 
 
 
 
 
 
 
売上はそのまま自分に返ってくる
サロンでは売上のうちの何パーセントかが自分にかえってきますよね?
しかしサロンで働いていると、結果が返ってくるのがわかりづらかったりしますよね??
勤めているサロンや会社を愛しているのであれば、返ってこない分は会社のものになっていても納得できると思います。
 
でもなかには「こんなに売り上げているのに給料こんだけかよ!」って思ってる美容師さんもいると思います。
 
そんな事思うんだったら自分で独立してやったらいいじゃないですか。
会社のありがたみもわかるようになるし、失敗したらまた頭下げて戻ったっていいと思いますよ。
 
自分でやると家賃その他固定費以上の売上は全て自分のモノになります。
100万売り上げて20万が固定費なら80万がアナタの給与です。
 
自分がやっているサービスでお客さまが喜んでお支払いしてくれた対価が自分に直接かえってくるので、より仕事へのモチベーションがあがります。
 
頑張れば頑張るほど豊かになり、かえってくる結果がお金ととてもわかりやすいので、もっともっと良いサービスや技術を提供しよう!というモチベーションに繋がります。
 
 
 
 
 
 
 
 
自分らしい働き方を実現するコツ
・適切にリスクをとる。
・家賃や内装費など、初期費用や固定費はできる限り削る。
・目の前のお客さまが本当に求めているものは何かを知る。
・生活に追われない、現状維持に追われない、売上に追われない、他サロンや美容師と競争しない。
・美容師としての自分の特性を知る・・・・
 
といろいろとありますが、文章では伝えきれないので今度、独立したい美容師さん向けの講習会を開いてみようかなと思ってます。
 
 
 
 
 
 
 
 
独立した方がいい美容師さん・・・
素晴らしいサロンやオーナーさんのもとで働いている美容師さんは本当に恵まれている環境にいるなと思います。
そんな方にはまったく独立をオススメしたいとは思いません。ぜひそのまま頑張っていただきたいです!
 
 
独立するにはそれなりのリスクや覚悟が必要ですからね。失敗は辛いです。
 
 
しかし、今の美容業界にはあまり環境のよくないサロンもたくさんあります。
去年の5月からブログで発信するようになって、非常に多くの美容師さんからご相談を受けるようになりました。
本当に酷いサロン環境下で従事している美容師さんもたくさんいるのです。
「このオーナーについていって大丈夫だろうか?」「うちのサロン、待遇がひどい気がする」と不満や不安を抱えている人もたくさんいるなと感じます。
 
 
自分の人生を今のオーナーに任せても大丈夫ですか?
 
そのサロンは10年後もありそうですか?
 
なにも考えず将来を見通せない人についていく事こそリスクや危険があるのではないでしょうか??
 
その働き方は50代60代になっても続けられますか??
 
 
 
自分の人生、それでいいんですか?
 
 
 
恵まれない環境にいるのであれば独立をしてしまった方が良いですよ。
もし目の前の環境が気に入らないのであれば自分で創ってしまえばいいじゃないですか。
行動しなければアナタの生き方は一生そのまま。
 
信じて行動した人だけが自分の人生を創れるんです。
 
勇気ある小さな一歩を・・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
______ お知らせ______
美容師の独立支援コミュニティを立ち上げました
GoToday

gotodaybanner-black

↑↑webページよかったらみてみてください↑↑
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f-yoyakuf-yoyaku-2

 

 

 

 

 

 

 

 

おすすめな記事

z11 もうすぐサロンを開業して丸5年になります。 小さな小さなサロンで、駅からは遠く、看板も何もありません。 幸い、 お金を借りる事もなく、宣伝広告費を一切かけることなく続けることができております・・・

 

 

 

 

 

limebanner03

 

 

 

 

 

にんきな記事