理解されない苦しみから得られた3つの大切なもの

標準

 
 
 
 
 今回は自分の心の中を書きました。
 
昔から変わってるねとか深い考え方だねと言われたりします。
人と違いがある事は悪い事ではないなと思いますし、言われる事に嫌な感情を抱く事はありません。
しかし、その為に理解されずに苦しんだ経験もあるなと思います。
 
 そんな自分の弱い部分とそれによって得られた素晴らしいモノについてを考察してまとめてみました。
 
 
 
 
 
 
 
理解されない苦しみとは?
 
変わってるねと言われるという事は、同じ考えの人が少ないという事につながるのかなと思います。
同じ考えの人が少なければ当然理解者も減ります。
自分が世間の常識にあわせたり周囲と同じようになればいいのですが、試みたところ限界がありました。
 
理解されない事実は孤独をうみます。
そのおかげで孤独には慣れたような、強くなったような気がしますが、しかしそれでも孤独感は心の中に存在しつづけます。
ある意味で孤独に強く、そしてある意味で孤独感に苦しめられてきました。
 
 
 
 
 
 
 
 
理解されない孤独から得られた3つのもの
 
理解されない事によって生まれた孤独感を乗り越える為に能力を強化してきたんだなと思います。
きっと自分を負の感情から逃げる為に必死だったのだろうと思います。
そうやって得られた3つをご紹介します。
 
 
1・結果に執着す
理解されず変わった考えだとしても、結果を出せば誰にも何も言われません。
その事を知ってからは結果に執着するようになりました。
執着すると、どうしたら結果が出るのかを必死に考えるようになります。
結果を確実に出すには、結果を出したいテーマの本質や原理を知る必要があります。
そしてそれに必要な能力を伸ばしたり施策を打つ事で結果がではじめます。
仕事をする上では大変役立つ能力ですが、理解されないという事をにかんしては何も解決はされません。
そして孤独は解決されずにこのまま続きます。
 
 
 
 
2・伝える能
自分の想っている事を理解してもらうには、わかりやすく伝える能力が必要です。
とても単純な事ですが、長らくその事には気付きませんでした。
自分の想っている事を伝えるには、まず自分が何を想っているのかに気付く必要があります。
そして、それを整理して時系列や優先度をつけ矛盾点を消していきます。
すると想いはとてもシンプルな言葉や文章となります。
その言葉に感情やエネルギーをのせて表現すると相手に伝わるようになるのです。
 
しかし、伝える能力には恐ろしさもあります。
伝える力が強ければ相手の考えを変える事もできてしまいます。
人の考えや価値観を変えてしまう程、責任が伴う事はないなと思ってます。
その人の人生を左右してしまう可能性があるからこそ自分の発言にはとても気おつけています。
「相手にとって、そして自分にとって本当に必要だと判断した時にしか自分の意見を言わない」
「口にした意見には責任を持つ」
それを発言する時のモットーとしました。
 
 
 
 
3・理解しようとする気
伝える能力がいかに高くても、相手が欲しい情報でなければ響くことはありません。
幼稚園児に政治経済の話をしても響かないように、伝えるということの前に必ず相手を理解するということが必要になるのです。
人はそれぞれ性格もみな違い、考え方や興味もまったく違います。
そういったお互いの違いの中で相手を理解するのに大切な事ってなんなのでしょうか?
僕は能力とかスキルとかではなくて理解しようとする気持ちだと思います。
ほんとは理解できていないかもしれないけど、でも気持ちがあるだけで充分な時もあるかもしれません。
 
この考え方から発展して、最近は世の中や社会の事も理解しようという意識になりました。
そうなる事によって視野も広がり、考え方や価値観も大きく変わっていきました。
 
理解されない苦しみがあったからこそ、相手を理解したいと思うようになれたのだと思います。
 
理解しようとする気持ちの大切さ知った事で自分の人生も大きく変わったと思ってます。
時には知らなくてもいい事を知ってしまい苦しくなる事もありますが、それでもとても大切なものに出逢えてよかったなと感じてます。
 
 
 
 
 
 
 
 
苦しみがあったからこそ
 
理解されない苦しみがあったからこそ、今まわりに理解者がいる事にとてもありがたみを感じます。
人生歩んでいるとごく稀に、伝えようとせずとも、理解しようとせずとも、お互いを分かち合える人に出逢う事があります。
星の数程いる人間の中で気の合う人と出逢える事、それはまさに奇跡です。
 
一緒にリスクを負ってLiMEアプリを制作してくれているチームのみんな。
 
志を共有して一緒に挑戦してくれる仲間。
 
常識から外れた生き方を認めてくれてる家族。
 
意味不明な世界観やディープな考察を聞いてくれて応援してくれたり一緒に笑ってくれる人。
 
一生大切にしたい相手だと思っています。
僕にとって理解者はとても貴重な存在なのです。
 
 
 
 
 
 
 
 
これが本音
 
最近、老害という言葉をよく目にします。
僕は20代のうちにいろいろと悔しい想いをしたなと思ってます。
今はもっと力が欲しいし強くなりたい。近くの周囲の人を守れるようになりたいし、幸せにできるようになりたいです。
50代以降は若者を応援できるような人にもなりたい。
だからこそ、今乗り越えなければならない壁がたくさんあります。
 
最近はしっかりしてる人にみえたり強い人だと思ってくれる人もいるし、昔より成長しているのも事実だと思います。
でも僕も皆さんと同じ人間であり、決して完璧なんかではありません。
 
自分自身の弱いところもよくわかるし、一人では生きていけないし、不得意な事やできない事だってたくさんあります。
周囲の支えやサポートがあって頑張れてるなと心の底から感じてます。
だからこれからも助けてほしいです。応援してほしいし、支えてもらいたいです。
 
かっこ悪いですが、これが本音です。
 
サポートがある事によって、パワーは倍増するし頑張れます。
これからも、もっともっと強くなれるように努力します。
そしてそのチカラを使って世の中にとって良い事を成し遂げる事を誓います。
理解してくれるチームの皆、家族、愛する人に感謝を込めて。
 
 
いつもありがとう!
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f-yoyakuf-yoyaku-2

 

 

 

 

 

 

 

 

おすすめな記事

z11 もうすぐサロンを開業して丸5年になります。 小さな小さなサロンで、駅からは遠く、看板も何もありません。 幸い、 お金を借りる事もなく、宣伝広告費を一切かけることなく続けることができております・・・

 

 

 

 

 

limebanner03

 

 

 

 

 

にんきな記事